2020年4月・メクゼスと認定ソリューションパートナー契約を締結

共同プレスリリース
報道関係者各位

2020年4月
株式会社メクゼス
日本ビビファイ株式会社

 

株式会社メクゼス、日本ビビファイ株式会社と
認定ソリューション・パートナー契約を締結

 

株式会社メクゼス(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長 中須直子、以下「メクゼス」)と日本ビビファイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 矢形勝志、以下「日本ビビファイ」)は、モダナイゼーションサービス供給に関する認定ソリューション・パートナー(略称CSP※)契約を締結いたしました。

近年、企業が所有するレガシーシステムにおいて、ブラックボックス化、運用・改修コストの肥大化、他システム連携の困難さなどの課題が顕在化し、レガシーシステムの刷新に関するニーズが高まっています。

日本ビビファイは、先進テクノロジーで企業システムのモダナイゼーション(近代化)を行う専門企業であり、こうしたレガシーシステムに対する課題を解決する製品・ソリューション、及び、モバイル(iOS, Android)やWEBアプリケーションを短期間で作成・展開できるクラウドサービス・プラットフォームを提供しております。

メクゼスは、今回の契約締結により、日本ビビファイの正規代理店として国内での各種ソリューションの販売権を有し、専門のトレーニングを受けた開発技術者によりお客様への最適なソリューション提案を実現できることとなりました。

今後、メクゼスは、お客様のレガシーシステムに対する課題を解決すべく、「レガシーシステムの可視化」、「ツールによる自動コンバージョン」、「HTML5環境への柔軟な移行」などのモダナイゼーションサービスを提供することにより、お客様のさらなる発展に貢献してまいります。

日本ビビファイは、システム・デザインの双方の視点から企業や組織の課題、Webサイトの問題を解決してきた豊富な実績を有するメクゼスとの契約締結により、さらに販路を拡大し、今後一層ビジネスの幅を拡充してまいります。

※CSPとは、日本ビビファイが提供する自動マイグレーションツール「Code Transformer」を活用したシステム構築における開発体制の充実や、クラウドサービス・プラットフォーム「Weave」等、Vivifyソリューションの日本国内での拡販を目的としたパートナー制度です。

■株式会社メクゼス
設立: 1995年4月
代表取締役社長: 中須 直子
資本金: 100百万円(2020年4月1日現在)
大阪本社: 大阪府大阪市中央区本町4-2-12 野村不動産御堂筋本町ビル2F
東京支店: 東京都中央区日本橋兜町11-10 兜町中央ビル 4F
URL: http://mexess.co.jp/
事業内容: コンピュータソフトウェアの開発・販売/ITコンサルティング/システムインテグレーション/インフラ構築/Webサイト・ECサイトの構築/組込・制御設計開発/スマートフォン・タブレットアプリ開発

■日本ビビファイ株式会社
設立: 2016年4月
代表取締役社長: 矢形 勝志
資本金: 45百万円(2020年4月1日現在)
本社: 東京都中央区新川1丁目6-12 AIビル茅場町
URL: http://www.vivifyjapan.com/
事業内容: ソフトウェアの開発、販売/保守サポート/教育/コンサルティング等

■本件に関するお問い合わせ先:
株式会社メクゼス システム部 技術推進グループ
TEL: 06-7175-9417
E-mail: mex_tec@mexess.co.jp

日本ビビファイ株式会社 マーケティング本部
TEL: 03-6869-4197
E-mail: info@vivifyjapan.com

※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。