2017年2月・ネクストウェアと認定ソリューションパートナー契約を締結

報道関係者各位
共同プレスリリース

ネクストウェア株式会社
日本ビビファイ株式会社

2017年2月28日、ネクストウェア株式会社(本社:大阪市中央区 代表取締役:豊田 崇克)と日本ビビファイ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:矢形勝志)は認定ソリューション・パートナー(Certified Solution Partner略称: CSP)契約を締結いたしました。 ネクストウェアは、企業や組織のソフトウェア資産を再構築するのに役立つサービスとして、アプリケーションのモダナイゼーションを提案します。 各種汎用機や古いクライアントサーバーシステム等を含め、システムサイズの大小、適用産業に関係なく、最新のシステム環境に一括変換いたします。 ネクストウェアが提供するモダナイゼーションは、事前分析フェーズから、変換作業、運用定着化フェーズまでを通じ、以下のようなプロジェクトを実行可能とします。

・大型汎用機からのダウンサイジング
・開発言語の統一などによる運用コスト削減
・ソフトハウスのパッケージソフトのクラウド化

また多くのシステムハウスでは、システムのアルゴリズムや考え方が良いが、時代遅れになってしまったWindowsのパッケージソフトを持っています。これらをクラウド上のマルチテナントシステムに変換するだけで、新たなソフトウェア資産が構築できます。 本契約を締結することにより、日本ビビファイ株式会社が提供する、Visual Basic6.0やPowerBuilder等のレガシーソースから最新のJavaベースへの自動コンバージョン・ツールや、モバイルアプリケーションの開発、運用をクラウド活用するソリューションを取り入れることにより、より一層の顧客サービスレベル向上を実現いたします。両社の協業体制を充実させ、お客様に最適なソリューションを提供し、今後一層ビジネスの幅を拡充することを目指しています。 CSPは日本ビビファイ株式会社が提供する自動マイグレーションツール「Code Transformer」や、クラウド開発プラットフォーム「Weave」等のソリューションを活用したシステム構築における開発体制の充実や日本国内での拡販を目的としたパートナー制度です。 ネクストウェア株式会社は、株式会社テクノロジックアート、株式会社FCS、コベルコシステム株式会社、株式会社NSD、TIS株式会社、株式会社日立製作所、プレイス株式会社に続いて、日本ビビファイの国内8社目のパートナーになります。今後2016年度中に合計10社のCSP加入を予定しており、新たなネットワークを通じお客様に対してより一層高いレベルでサービスを提供して参ります。

■ネクストウェア株式会社
http://www.nextware.co.jp
本社所在地: 大阪市中央区北久宝寺町4-3-11 ネクストウェアビル
TEL: 06-6281-0304 FAX: 06-6281-0724 代表取締役: 豊田 崇克
設立: 1990年6月1日
事業内容: コンピューターのシステム設計及びソフトウェア開発業務、コンピューター及びその周辺機器の賃貸・売買及び輸出入、コンピューターシステムの運用管理及び操作支援、コンピューターシステムに関するコンサルティング

■日本ビビファイ株式会社
http://www.vivifyjapan.com/
本社所在地: 東京都中央区新川1丁目6-12 AIビル茅場町
TEL: 03-6869-4197 代表取締役社長: 矢形 勝志
設立: 2016年4月1日
事業内容: ソフトウェアの開発、販売、保守サポート、教育、コンサルティング等

■本件に関するお問い合わせ先: ネクストウェア株式会社 大阪営業本部 担当 小谷 TEL: 06-6281-2711 E-mail: sales@nextware.co.jp 日本ビビファイ株式会社 マーケティング本部 担当 関 TEL: 03-6869-4197 E-mail: info@vivifyjapan.com
※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。